<< トリプルネガティブ乳がんの再発率 | main | 新年にあたって >>

年代ごとに適した“乳がん検診”を受けましょう!

JUGEMテーマ:健康
 

 すっかりピンクリボンも認知され、日本女性も「乳がん検診を受けなきゃね」という意識が、少しずつ高まってきているようですね。それはとってもとってもいいことなのですが、「ちょっと待って!」と思える検診の実情を先日聞きましたので、書いてみます。

 

 知り合いの20代後半の女性から、「最近、乳がん検診を受けたんですよ」と聞きました。「おぉ、それはいいこと!」と思ったのですが、話を聞いて驚きです。

 彼女は、20代後半で視触診とともにマンモグラフィの検査を受けたそうです。私、「それだけ?」と聞き返しました。「そうですよ」との回答。

なるほど。「乳がん検診」=「マンモグラフィ」という図式が、かなり刷り込まれているんだと思いました。

 
 
現在の日本の乳がん検診のガイドラインでは、

 【検診対象】40歳以上

 【検診内容】マンモグラフィ+視触診

 【サイクル】2年に1

 

となっています。

 国がこのように定めているのは、ひとえに『費用対効果』に基づく理由からです。

「毎年、乳がん検診を受けたほうが安心じゃん!」という声が聞こえます。確かに毎年乳がん検診を受けてもいいのですが、マンモグラフィの検診費用と、検診によって実際にどれだけの人の乳がんが見つかり、乳がんで亡くなる人の命を救うことができたかという統計データを見ると、毎年受けても2年に1度でも、大した差がないということみたいです。だったら国民の税金を使う検診制度としては、毎年する必要はなく、2年に1度でいい!ということに国はしているようです。

ですから、これは“必要最低限”と考えて、心配な方は別途自費で30歳代で乳がん検診を受けてもいいし、毎年受けてもいいのです。

 

 一番の問題は、「20歳代でマンモグラフィ検診を受ける必要はあまりない」ということです。これは30歳代も同様と思われます。

 30歳代までの方は、マンモグラフィよりも超音波(エコー)検査のほうがお勧めなのです。マンモグラフィでは、乳がんも乳腺も同じように白っぽく映るので、乳腺が発達している若い女性がマンモを受けても、白く映る乳腺に白い乳がんが重なってしまって、見落としが多いと言われています。その点で、若い女性には、超音波検査のほうが、乳がん検診には有効だとされています。しかも、これから結婚し、子供も育てるであろう女性には、被曝のことも考えると、とくに不安なとき以外、マンモグラフィは頻繁にすることはおススメしません。

 

 現在、40歳代の女性に対して、ガイドラインでは「マンモグラフィがよろしい」ということになっていますが、40歳代でも乳腺が多い人もいますし、マンモグラフィと超音波を併用したほうがいいんじゃないか・・・ということも検討されていて、比較試験も行なわれています。これも、どちらが有効で費用対効果が高いかという、さまざまな角度から判断することになるのだと思います。

 40歳代のお勧め検診としては、マンモ+超音波の併用と言われています。

 

 しかし、しかし、私がもっと疑問に思うのは、前述の20歳代の女性が、乳がん検診のことを「=マンモグラフィ」と思いこんで検診に申し込んでもやむを得ないとして、なぜ検診施設が「20歳代の方はマンモグラフィよりも超音波検査がいいですよ!」と一言アドバイスをしないのか・・・ということです。たまたま担当だった方が無知だったのか、それともとりあえず金儲けか・・と思ってしまいます。

 私の会社で健康診断を申し込んだケースでは、30 歳代以下の社員には、検診施設のほうから超音波を勧められるそうです。それが正しい姿ではないのかと思うのですが、乳がん検診の標準的な考え方を理解して、お金を無駄にせず、自分にとって有効な検診を受けていただければと思います。

 

 でも、なによりも、ふだんからお風呂に入った時など、セルフチェックの習慣をまずはつけてほしいなと思います。

SUN×SUN 昌子 * 乳がん学習ノート * 22:09 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ