<< 年代ごとに適した“乳がん検診”を受けましょう! | main | あたぴさんへ 〜余命について〜 >>

新年にあたって

あけましておめでとうございます。

昨年は、途中から私事が大変忙しくなり、ブログを更新できないでしまいました。

読んでくださっている方には大変申し訳ございません。

 

そんな中でも、昨年は、私の本を読んでくださった方から、たくさんのメールやお手紙をいただき、私の本が少しでも誰かの役にたったことを実感することができて、嬉しかったです。

ご連絡いただいた方には、極力お返事を差し上げるようにはしているつもりですが、もし、差し上げられなかった方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。

お手紙には、乳がんの患者さんご本人からのものはもちろんですが、ご家族からのものも結構あったことには驚きました。

 

リハビリに励む患者さんである奥様の後遺症がなかなか治らず、痛みがとれない奥様の状態がよくなるようにするにはどうしたらよいかという奥様への愛情あふれるお手紙や、患者さん本人には直接どういう具合なのか聞きにくいが、私の本を読んで乳がんという病気と治療について理解でき、患者と暮らす家族としてはとても参考になる!というお言葉をいただいたりしました。

乳がんに限らず、病気と闘う患者さんとその家族には、それぞれの思いがあり、そのお手紙の多くは家族への愛情があふれるものばかりで、逆に私のほうが、心を温かくしていただきました。

 

改めてお礼を申し上げますとともに、これからも少しずつですが、お役に立てましたら幸いです。

今年一年が素敵な年になりますように!

SUN×SUN 昌子 * 乳がん雑考 * 15:18 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

はじめまして。
姉が2月に乳がん手術を行いその結果がとりネガという診断結果でした。
病気はT2N1だそうです。また、全てのグレードが3という結果で悪性度はかなり高いということです。
温存手術を行いリンパ節はもとっています。
センチネルリンパ節には転移が2つあるだけで他には転移がないそうです。
化学療法と放射線治療を組み合わせて治療を行っていくと思われるのですが、管理人さんがご存知であるトリネガに対する最前の化学療法教えていただけませんでしょうか。アバスチンなどの未承認の薬でも結構です。がんサポートではタキサン系は一部のがんでは増殖させてしまうという記事も書かれているとお聞きいたしました。
気が動転しており文章になっておりませんが何卒よろしくお願いいたします。
Comment by おとうと @ 2011/03/03 1:55 AM
おとうと様
こんにちは。はじめまして。
コメント拝見いたしました。
お姉さまのこと、とてもご心配のことと思います。

トリネガは抗がん剤がよく効くと言われていますので、ちょっと大変でもしっかりと抗がん剤治療を受けておくのがよいだろうとは思いますが、残念ながら最善の化学療法については、私からはお答えしにくいところです。

私は、A/C療法とタキソールを行ないました。
正直申し上げると、治療後にA/Cは(6年前の当時は)抗がん剤の中でもっともキツイものだったらしいということを聞きました。
しかし、私は、あとで聞いてよかったと思いました。
そんなこと、先に聞いたら誰だって躊躇しちゃいますよね。でも、私にとっては、副作用も本に書いているとおり、案外耐えられるものでした。
今となっては、当時の私は、主治医の中村先生に「治すことが1番です」と治療についてお願いしていたので、最善のお薬として、最もキツイと言われようがA/Cで治療してくださってよかったと思っています。

おかけで、先月、5年目の定期検査をしましたが、再発もなく無事に過ごしています。

さて、お姉さまですが、すでに手術を行なわれているのですね。
私の場合は、手術前に抗がん剤をしたので、抗がん剤治療中、腫瘍が小さくなっていく過程が自分でもわかったので、とても励みになりました。
抗がん剤は、同じトリネガの乳がんであっても、同じ薬が効くかどうかは、やはり専門のお医者さまでないと判断は難しいですし、実際に治療してみないと効果がわからないところもあると思います。

今、私がおとうとさまにお勧めできる方法としては、セカンドオピニオンで専門のお医者様に聞いてみるのが一番だと思います。
本やネットにもいろいろな情報は出ているかもしれないですが、あくまで一般的であって、それがお姉さまにとって最善かどうかわからないところもあると思います。

セカンドオピニオンについては、お住まいの近くのセカンドオピニオンを行なっている病院を探すのがよいかと思いますが、参考に下記サイトもお知らせしておきます。http://www.jccnb.net/visitor/if.html#04

あまりお役に立てず申し訳ありませんが、しっかりお姉さまの支えになって差し上げてください。
もし、また何か私でお役に立てることがありりましたらご連絡ください。


Comment by 昌子 @ 2011/03/03 1:50 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ