<< 運命を生きる 〜浅野史郎さんの講演を聞いて | main | リエコさんへ 〜私が乳がん完治を目指してやったこと〜 >>

満7年たちました!

あっという間に、また1年がたちました。
今月初めに行った7年目検診の結果も「異常なし!」
血液検査の結果も、善玉コレステロール値と、アレルギー値が高いこと以外はなんの指摘もなしでした¥(^ ^)/ わーい。
善玉コレステロールはいいとして、アレルギーに関しては、「花粉症が苦しいです〜」と泣きを入れたら、花粉症の薬を処方していただき、病院に行かなきゃ!と思っていたので、一石二鳥でした。

でも、実は、花粉症になったのって、私の場合、乳がん治療が終わったあとからなんです。
乳がんをやる前は、「花粉症の人ってかわいそー」って感じで他人事だったんだけど、乳がん治療を終えて1−2年したころから、春になるとグスグスいいはじめて、今では、1年の半分くらいはマスクをはずせない重症患者。ふー。
花粉症、どうやったら治るのか・・・。やっぱり、毎日のヨーグルトなんだろうか・・・。
花粉症を治すいい方法があったらぜひ教えてください〜。

で、なかなかプログを更新できないでいる間にも、多くの方からメッセージをいただきました。
その後も皆さんは、乳がんに負けず、過ごされていますでしょうか?
個別にお返事をさせていただいた方もいらっしゃいますが、全員が乳がんに負けず、充実した心で毎日を過ごされていると願いながら、ときどき遠い青い空を見ています。


JUGEMテーマ:健康
 
SUN×SUN 昌子 * 乳がん雑考 * 12:37 * comments(18) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

 つい最近 昌子さんのブログを知りました         7年と聞き勇気が出ました ありがとう 48歳 3年4か月めです 診察が6か月おきです 昨年12月 ct 6月4日血液検査 17日ct RIの予定です  昌子さんの検査内容を詳しく教えて下さい 今回RIも必要ですか              
Comment by ひまわり @ 2013/06/06 12:31 PM
ひまわりさん、コメント拝見いたしました!
ちょっと、ビックリです。

ひまわりさんの検査は、毎回CTとか入るのですか?
個人的な意見ですが、何か特に調べたいことがあってやるのではない限り、単純な経過観察であれば、ひまわりさんに予定されている検査はやりすぎなのでは?と思います。
とくに、CTやRIなんて、精密検査のときにやるもので、何回もやるべきものではないと思いますよ。放射線でますしねー。マンモも若干その要素はありますが・・・。何を調べようとしているのか不明です。

私は治療終了後の3年間は、3か月に1度定期診察に行っていました。検査項目は、血液検査、エコー、マンモくらい。これらでちょっと不安要素が発見されたときに生検をしたこともありますが、MRI、CT、RIなどは経過観察では全くしていませんよ。
今は6か月に一度の診察になっていますが、秋はエコーと問診のみ、春は血液検査、エコー、マンモのみです。

費用もそれなりにかかるでしょうし、やらなくていいものなら、体への影響も考えて、やらない方向のほうがいいと思います。再発って、そんなに早く見つけても意味がないって聞いてますけど・・・。
検査の目的や理由をお聞きになったほうがいいかもしれないですね。

それとも、私の検査が少なすぎるのかなー?
ほかの方はどんな検査をされているんでしょうね?
Comment by 昌子 @ 2013/06/07 11:27 AM
昌子さん、はじめまして。
私は今年の3月に初めは良性のしこりを大小2個摘出する手術を受け、その後の病理検査で両方のしこりから癌が見つかり翌月に再手術しました。タイプがトリネガ、グレードは3、ki-67は80%ということで、リンパには転移はなかったものの、浸潤癌なので、9月中頃までタキソールとエンドキサンを6クール点滴しました。現在、放射線治療に入る前に体力回復中です。

昌子さんの存在、私にとって希望の光です。子供達もまだ小さいので、希望を捨てず、決して諦めず、人生を楽しもうと思います。
Comment by みか @ 2013/09/30 11:44 AM
みかさん、こんにちは。
コメント拝見しました。ありがとうございます!
みかさんのコメント嬉しいです!
私も、トリネガの皆さんに希望をもっていただけるのは、何よりもの生きがいです。
みかさんも抗がん剤が終わって次のステップですね。
放射線は、通うのが大変ですが治療は楽だと思います。
次はぜひみかさんにも、トリネガのみなさんの希望の光になってほしいです!
お子さんたちのためにもね!(^_-)-☆
Comment by 昌子 @ 2013/10/01 11:38 AM
昌子さん、ご無沙汰しております。
放射線治療無事に今週水曜で終わりました。皮膚が早速めくれてきて、痒いです(^^;

昨年のちょうど今頃しこりを見つけて一年、自分にこんなことがふりかかるとは思いませんでした。

辛さや不安から泣くこともありましたが、家族や友達や病院の先生方に支えていただきながら一通りの治療を無事に終えることができました。

これから最低5年間は内服の抗がん剤を続けながら経過観察していくことになります。

私も昌子さんのようにクリアしていけるよう明るく楽しく人生を楽しんで生きたいと思います。今後とも宜しくお願い致します。
Comment by みか @ 2013/11/29 5:53 PM
みかさん、こんにちは!
またコメントいただけて嬉しいです。

放射線治療お疲れさまでした。
これで一区切りでしょうか!?
皮膚がめくれてきたなて、大変。
私は赤くなってちょっとカサカサになった感じで痒かったのを思い出しました。でも、日にちがたてばきれいに治るので大丈夫。少し、まめにクリームとか塗って潤いをあげるといいかもね。
きっとみかさんの皮膚は柔らかいんでしょうね。・・・と思うと、ちょっとうらやましい。ごめんなさい。

これから5年間、内服の抗がん剤を服用するんですね。
でも生活は普通にできるようになると思いますので、たまには治療をよく頑張った自分へのご褒美もあげつつ、明るく楽しく生活していってくださいね。
それが一番のいい薬かもしれません。
素敵なご家族やお友達と楽しいクリスマスを過ごしてくださいね。

また、経過をお知らせいただけたら嬉しいです。
Comment by 昌子 @ 2013/11/30 2:32 PM
昌子さん、はじめまして。

トリプルネガティブ乳がんのブログを探していて、たどり着きました。
昌子さんのいつも前向きな姿勢、考え方や治療への取り組み方などとても勉強になり、支えとして治療に励んでいます。

今年の7月にしこりが見つかり、ステージ沓叩▲肇螢廛襯優ティブ、ki67=70%ということで、医師には抗がん剤が効かなければ・・・というようなことも言われ、3歳・1歳の子供を残してどうしようかとも思いましたが、幸運にも初めのEC治療が奏効してなんとかここへ書き込む気持ちにもなれました。
現在は、タキソール投与が始まり、3か月後には手術〜放射線治療が待っています。

まだまだ治療半ばですが、食事のことやら気持ちの持ち方など、いろいろなことを参考にさせてもらいながら、頑張っていこうと思います。

また、それぞれの段階において、相談させていただくことがあるかと思いますが、今後ともよろしくお願いします。

Comment by ミキモ @ 2013/11/30 11:33 PM
ミキモさん、こんにちは。
コメント拝見しました。
EC治療の効果があったとのことで、まずは安心しました。
だいぶしこりは小さくなったのでしょうか?
タキソールはECほどは激しい副作用は出ないとは思いますが、体はだいぶ疲れているので、風邪などひかないように無理せず過ごしてくださいね。

まだ小さなお子さんの面倒を見ながらの治療は大変なこともあるかもしれませんが、ECを乗り越えられたミキモさんですから、これからの治療も大丈夫と思っています。
ミキモさんはお子さんたちの成長を見届けなければならないですからね! 今は治療に子育てに大変かもしれないですが、あと半年、治療をしっかりとクリアして、乳がんをやっつけてしまいましょう!

くれぐれも抗がん剤治療中は、風邪ひきなどは厳禁です。
温かくして過ごしてくださいね。
また、何かありましたら、いつでもご連絡ください。
Comment by 昌子 @ 2013/12/01 11:00 AM
昌子さん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨年11月に初めて書き込みさせていただきましたミキモです。

タキソール投与も半ばを過ぎ、いよいよ手術が3月に迫ってきました。大きな副作用も出ず、元気に過ごしております。

現在の私の状況ですが、
8月末から開始したEC療法が奏効し、右胸に4cmあったしこりがなくなり(エコーでは不明瞭、MRIでもほとんどわからず)、右わきのリンパのみ5mm程度(それも転移がのこるかわからない)にまで減少しました。現在のタキソールでも画像の状況は変わらず、今に至っています。
ここまで効いてしまうと自分自身欲が出てくるもので、当初は命さえ残れば全摘もやむなしとも思っていたのですが、再建はできないだろうかとか、手術方法がすごく気になってしまうこの頃です。
やはり沓辰凌巴任任△譴弌∩甘Β放射線治療→術後抗がん剤治療→二期再建が標準治療なのでしょうか。

実は、祖母と叔母が卵巣がん、従姉も乳がんという家系。
遺伝性乳がんも気になっているところです。遺伝子検査を受けたいとECをしている頃に主治医に話したところ、「今は受ける時では無いのではないか、受けてきても術式は変わらないよ」と言われて遺伝子カウンセリングを見送っています。

患者の多い先生なので、いろいろと話を聞く時間が取れず、再来週の診察時に時間をとって術式、今後の治療の流れ、等まとめて聞こうと思っています。良きアドバイスをいただければと思っています。

長々とすみません。
よろしくお願いいたします。


Comment by ミキモ @ 2014/01/18 12:41 AM
ミキモさん、こんばんは。
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
ミキモさんもいい新年を迎えられましたか?

ECでほぼしこりが無くなったのはよかったですねー。
トリネガは抗がん剤が効くとはいいますが、MRIでもわからないくらいまでになったなんて、朗報です!

そして、欲が出てきましたか〜。
でも、それも心理としては自然なことだと思います。
が、やはり遺伝性が気になりますね〜。

温存が可能な状況なら、遺伝性の疑いさえなければその選択を私もすると思います。
温存がそもそも不可能であったら、先生のおっしゃるように、術式は変わらないってことになりますよねー?

ミキモさんのこだわりは再建のことかな?
全摘で同時再建か二期再建かってことだとすると、主治医の先生のお話を聞いてみたいとなんともいえませんが、どうしても同時再建でなければ・・・というのでなければ手術後の様子をみるためにも二期にされてもいいような気がします。
右わきのリンパのことも気になりますし・・・。

それよりも、今後の治療の流れで、全摘→放射線治療→術後抗がん剤治療→二期再建とありますが、沓辰世らかどうかはわかりませんが、「術後抗がん剤」が本当に必要なのかどうか大変疑問を感じます。それをする理由が知りたいです。

遺伝性の検査をどこでするのがよいかは、温存の可能性があるかないかではないかと、素人ですが考えます。
いずれにしても、自分の希望は先生にきちんと告げ、可能性を話してみるのがいいと思います。

今後、後悔しないように、どんなに忙しい先生でも、しっかり納得できるまで聞いてきてくださいね。
聞きたいことなどは、全部メモに書いていくといいですよ。
先生にメモを見せてもいいかもしれません。
Comment by 昌子 @ 2014/01/22 10:25 PM
昌子さん、忙しい中早速コメントありがとうございます。

もしかしたらの遺伝性のことを考えると、全摘したほうが安心できるのではと思う反面、でも、乳頭など自分のものを少しでも残したい。再建なら回数を最小限にしたい。。。果たして今の病院でどこまでできるのだろうか。他の病院の方がいいのか?。
今の気持ちです。

全摘をしたけれど、乳頭を残して同時再建でティッシュバックを入れて、術後数カ月で元のような胸になった、という話を人から聞いて(岩平先生の患者さんです)、欲が出てしまいました。

リエコさんへの以前のアドバイスを読ませてもらうと、二期再建にした方が治療に専念して、再建についてはゆっくり考える余地があっていいのかも、とも思いますし、悩みます。


昌子さんのおっしゃる通り、頭を整理させるためにもメモを書いて、先生に来週聞きたいことを明日伝えてきます。


術後抗がん剤治療の有無ですが、沓辰世辰燭乕須だと思っていました(私が文献を読んで勝手に)。

今までの治療は今の病院でとても満足しています。
でも、治療や遺伝や再建の事やら総合的に見て、中村先生のような方にセカンドオピニオンを受けた方がいいのか。
とりあえず、来週の先生の話いかんですよね。

では、長々とすみません。
また、コメント書かせていただきます。
Comment by ミキモ @ 2014/01/23 1:10 AM
ミキモさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ミキモさんの悩みどころは、とってもよくわかる反面、難しいですね。

自分の乳頭を残したい・・・というのは、女性にとっては重要な問題ですし、再建もてぎるたけ回数を減らしたいのも、当然です。
身近なところに、希望の治療の成功事例があればなおさら気持ちは動くでしょう!
ポイントは、自分の希望の治療をした場合のリスクもきちんと理解して、ミキモさんがそれでも納得して受け入れる決意までいけるかどうかだと思います。

考えるにあたっては、
^貳姪な乳頭を残すことのリスク
一般的な同時再建/二期再建のそれぞれのメリットとデメリット
ミキモさんの現状で適応した場合のそれぞれのリスクの有無
じ什澆良賊,任両瀕秧堯覆任るか、できないか)

など、もっとほかにもあるかも知れないですが、先生のお考えを聞いて、総合的に判断してみてください。
それでも結論が出ないし、納得できない部分があったときには、それこそセカンドオピニオンを受けてもいいかもしれませんね。

術後の抗がん剤治療は、沓辰両豺臧須なんですね。
ゴメンナサイ、知らなかったですー。
抗がん剤は、これまでと違うものを投与するのでしょうか?
参考までに、機会があったら教えてください。

今が悩みどころだと思うので、あせらずじっくり考えてくださいね。いい治療法が見つかるように!
Comment by 昌子 @ 2014/01/24 1:26 PM
昌子さん、こんばんは。

先日、主治医にいろいろ相談してきました。
形成外科の先生ともお話しでき、現在の病院が再建に対してとても前向きで実績もそこそこある病院であることがわかりました。
(形成外科医の意見では、もちろん治療が本流で再建はサイドからのアプローチだとのことですが)

主治医からは、私の現在の状況では、乳頭含めて全摘をすることがベスト(これに関しては、私も納得しました)。再建は、放射線治療をすることも考えると、自前の組織(おなかの脂肪と筋肉)を使うこと。時期については、同時でも二期でも可能ということでした(どちらかというと同時の方が勧められた感じです)。

また、術後抗がん剤については、術前に薬物治療をしているので不要とのこと。昌子さんのおっしゃるとおりでした。

昌子さんが提示してくださったように、それぞれのメリット・デメリットについて、自分なりに今いろいろ調べているところです。

それより先日の外来時、質問をまとめていろいろしたのですが、「そういう風にいろいろ心配して調べる人は再発率が高いんだよ」って、言われて、私カチンと来てしまいました。

手術が終わってから後悔するのがイヤで、納得した答えを出したいと思うのはいいことですよね。

スミマセン、愚痴りました。

そういう意味でも、中村先生のような方にセカンドオピニオンを受けてみようかなぁなんて考えてしまっています。

手術はやはり三月中旬になりそうです。
もう少し考えてみます。
Comment by ミキモ @ 2014/02/02 11:38 PM
ミキモさん、こんにちは!
主治医の先生とお話されてきたんですね。
お疲れさまでした!

今の病院が、再建の実績があるところでよかったですね!
技術としては安心できますね。
しかし、「そういう風にいろいろ心配して調べる人は再発率が高いんだよ」はカチンときますねー。
細かいことを気にしすぎないように!ってことだと思うけど、この言い方はないわよね。
でも、別のとらえ方をすると、こういう発言をしても大丈夫なくらい、先生にとってミキモさんが聡明でおおらかな人って感じたのかも!とも思います。
だって、本当に心配性な人にはここまで言えないでしょ?
先生には、心配して調べてるんじゃなくて、後悔しないために調べてるんです!って、教えてあげなきゃ。プンプン(怒・笑)

やはり術後の抗がん剤はありませんでしたか。
術後、抗がん剤をする意味が感じられなかったし、やりすぎな気もしていたので、よかったです。

さて、同時再建か二期再建か、こちらは悩みどころですね。
こちらは、私も経験がなくアドバイスというアドバイスができなくて申し訳ありません。
手術は3月とのことですので、先生が何と言おうと、納得して手術を受けられるように、最善を尽くしてください。
いつ調べる、今でしょ!(笑)

※ただし、調べれば調べるほど、いろいろな情報に悩まされ、出口がみつからなくなる・・・という場合もあります。
そうなったら、一度リセットして自分の直感を信じるのも一つですし、やはりセカンドオピニオンで冷静な見解を聞いてみるのもいいと思います。
Comment by 昌子 @ 2014/02/04 3:05 PM
昌子さん、こんにちは。おひさしぶりです。脇が腫れたり、頭痛がしたり、ちょこちょこ再発や転移かもと不安になりながらも元気に暮らせてます(^^)
いよいよ来週術後一年目のCTとマンモの検査です。検査前はいつも不安に陥り精神的に辛いですが、忙しさになるべくまみれて考えないように過ごしています。

昌子さんは不安とどう向き合ってられますか?

私の今年の課題は精神的に強くなることです。何かアドバイスいただけたら嬉しいです。

とにかく来週無事クリア出来たら嬉しいです。
Comment by みか @ 2014/03/05 11:33 AM
みかさん、こんばんはー。
お久しぶりです〜。

私も今週、3月5日に術後満8年目の検査をしてきましたよ。
時期が近いですね。
結果は来週前半になるようですが、何度やっても結果待ちというのは嫌なものです。
でも、最近は昔と違ってだいぶ気持ち的には落ち着いて待っていられるかな。
私にも手術後3〜4年は、やっぱり再発お化けがときどき現れていましたよ。それはしょうがないです。
私は、そのお化けが出るたびに、やだなー、どうしよーと思いながらも、もし再発したらどうしよーということをあえて考えてみたりしました。
再発のことを考えと嫌なんだけど、仕事のこととか、残された時間のこと、治療はどうなるのか、何年生きられるのかな・・・などとあえて考えてみましたね。
考えることがそれ以上なくなったら、あとは神頼みです(笑)。

でも、3年目のときかな、再検査の知らせが来たときには愕然として、やはり再発のことを考え、いろいろどうするかを考えました。その結果、家族や会社や友人などの胸を借りるキャラじゃないなと思った私は、主治医に「再検査の結果、再発していて、もし、私に泣く場所がなかったら先生の診察室で泣かせてください」と、メールしたことがありましたよ。アホでしょう?
そんなこともあった私です。
不安になるのは仕方ないですよ。弱いとか思わないで! みんな似たようなものだと思いますよ。
私の場合は、とことんその不安と向き合ってどうするかを考えていました。それを繰り返しながら、あとは時間が解決してくれました。5年もすぎると、その不安もかなり少なくなりますね。体調の不調があったときなど、たまにお化けはやってきますが・・・(笑)
みかさんはみかさんの、不安との付き合い方ができるといいですね。

ところで、1年目検査でCTやるんですね。ちなみにMRIはしないの?
検査の内容について教えてもらえませんか?
すみません、こんなお願い・・・。
Comment by 昌子 @ 2014/03/06 11:57 PM
昌子さん、お返事おそくなってしまいました。ごめんなさい。
3月10日、術後一年目の検査行ってきました。結果は無事クリアできました!とりあえずひとまず良かったです。内容はエコー、触診、血液検査、CT、マンモでした。PETやMRI はしませんでした。
私がかかっているクリニックはCTや血液検査等で異常が見つかったらするみたいです。
昌子さんはフルセットの検査されているんですか?
治療も検査も病院の規模や先生の方針で随分違うようですね。

ちょうど昨年の4月2日に告知され、10日に手術だったので、ここ最近はこの一年に起こったことを振り返ることが多いです。ちょうど子供達が4月生まれで、昨年は入院手術待ちの時に娘の、退院の日が息子の誕生日でした。子供達が成長していく姿を必ず見届けるためにも私は病と闘い、必ず昌子さんのようにサバイバーになるんだ!といつも願いながら生きています。

相変わらず再発転移に対する恐怖お化けは出没しますが、なるべく忙しくあまり余計なことを考えないように自分を持っていくようにしています。くじけそうになったら鏡の中の自分に 大丈夫。大丈夫。必ず大丈夫。と言い聞かせて落ち着くように努めています。切磋琢磨しながら不安と上手く付き合う術を身につけていきたいです。

10日の血液検査の結果、CA15-3は13,CEA が2でした。両方基準値内でしたがCEA の数値が今まで術後はずっと2未満だったので基準値内とはいえ、少し不安がよぎりました(^^;
先生にすぐに聞いたら 基準値内なら大丈夫。 と言われました。

今日で長かった春休みも終わり、また新しい一年が始まります。子育てしながらの闘病生活、一年してみて大分慣れました。点滴終わってからは本当に普通に生活が出来ていること、9月中旬に点滴を終え、3月にはウィッグや帽子ともバイバイして気分一新。生まれ変わった気持ちで毎日を大切に生きていきたいです。

またメッセージ送ります。
今日はこれくらいで。

昌子さんの存在、大きいです。
これからもお付き合い宜しくお願いします(^-^)v
Comment by みか @ 2014/04/06 8:36 AM
みかさん、こんばんは。
またコメントをいただいて嬉しいです。ありがとうございます。
まずは、術後1年目の検査が無事クリアできよかったですねー!
一安心。おめでとうございます!

私の毎年の検査は、みかさんとはちょっと違っていて、エコー、触診、マンモ、血液検査、胸のレントゲンだけです。
CTとPETは乳がん診断のための精密検査時に1回しただけですし、MRIも術後の検査ではしませんね。
みかさんのクリニックでは、今後もCTをしていくのですか? 今回のみであればいいのですが、今後もしていくようであれば、体の負担、費用の負担などを考えると、多すぎるのではないかと思いますが、他のみなさんはどうなんでしょうね? とても気になります。

4月がお子さまたちのお誕生日なんですね。何歳になるのでしょうか? 
かわいい盛りなんでしょうね。
そうですよ、子供たちのためにも乳がんを克服しましょう!
このまま毎年の検査を、みかさんがずっとクリアしていくことをイメージしていってください!
イメージは“念力”に通じるものがあると私は思っているので、こちらもぜひ試してみてください!

一度乳がんをすると、恐怖お化けとの闘いにもなるので、うまく付き合う方法を見つけることが切り抜けるコツですよね。みかさんのように、余計なことを考えないように、忙しくしているのが一番かもしれないです。
ウィッグがとれ、これからどんどん暖かさも増して過ごしやすい気候になっていくと思いますので、みかさんもお子さんたちとたくさん遊べますね。
髪の毛が生え始めて、チョー短髪の毛を手で触るととっても気持ち良かったのを思い出しました。なつかしいーー(笑)
とはいえ、またまだ気候は変わりやすいので、風邪などひかないでくださいね。
また、思い出したらコメントくださーい。
Comment by 昌子 @ 2014/04/10 11:21 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ