<< 満7年たちました! | main | 2014年 おめでとうございます。 >>

リエコさんへ 〜私が乳がん完治を目指してやったこと〜

JUGEMテーマ:健康

結果をお知らせいただき、ありがとうございます。
ここのところ自宅でパソコンに向かう時間が少なく、申し訳ありませんが返信をプログにアップさせていただきます。
とりあえず、私はリエコさんの気持ちの落ち込みが心配でしたが、リエコさんが生きるためにパワーアップした感じのメールで、ちょっとほっとしたというか、私も元気をもらいました!
リエコさんがガンを克服するために模索しているようですので、私も率直に自分の体験からお話しますね。


■食事は、バランスのよい食事をとること
これは、私もいろいろ試みたりしましたが、結果的にここに落ち着きました。ありきたりな回答でごめんなさい。
治療中は周囲の方からガンが治るサプリメントとかなんやかやと勧められました。で、私はそういうことはよくわからないので、主治医に成分表などをもって行って訪ねたところ、カボチャなどのカロチンががんに効くとか言われているが、適量なら効果的だが、とりすぎると逆効果な結果となるとききました。その適量は、日常的にバランスのよい食事をしておくとで十分とれると聞きました。

■私の必須アイテムは野菜と5穀米
バランスのよい食事の中でも、私は多品種を心がけていて、ご飯も白ご飯ではなく5穀米にしていました。
抗がん剤中は、感染などを考えると生ものなどは極力さけたほうがいいと思うので、私はてっとり早く野菜スープを作っていました。キャベツ、にんじん、たまねぎ、ジャガイモ、絹さや、ブロッコリーなどをトマトの缶詰を使ってトマトスープにして食べていましたよ。
でも、食欲がないときってあると思うので、そんなときは、薬味盛りだくさん(ネギ、オクラ、キュウリ、しそ、スプラウト、しょうがなど)のソーメン、これははっきりいって薬味とソーメン1対1です(笑)。
食事のバランスについては、下記を参考にしてみてください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou-syokuji.html


■毎日欠かさないのはビタミンBとC+梅干+豆腐

水溶性のビタミンは、体の中に貯蓄できないので、抗がん剤中は、チョコラBBとハイチオールCを毎日飲んでいました。

加えて、ほぼ毎日に近く食べていたのは、グレープフルーツ、梅干と豆腐でしょうか。

とにかく、免疫力がなくなっていることを考えて、風邪をひいたり食中毒を起こさないように気をつけていましたよ。

 

■お酒と冷房は控えめにしました。

なんといっても抗がん剤は体に負担がかかります。なので、それ以上に体の負担にならないことをしない!ことにも気をつけました。

お酒は控えたほうがよいという通説もあるので控え、冷房も、あまり体を冷やすと疲れたり風邪をひく原因にもなるので、極力カーディガンを持ち歩く、冷やさないようにしました。

 

■睡眠はたっぷりとる!

ガンに克つには、体力が必要です。体調がいいときは運動や散歩など無理のない範囲で体を動かし、あったかいお風呂に入って睡眠をたくさんとるようにしました。逆に、ちょっと疲れたナーと感じるときには、あえて無理しないようにもしていましたよ。

 

私が、治療中に心がけていたのはそんなところです。

とはいえ、今もそのときからあまり変わっていなくて、似たような食生活です。もちろん、適度な魚、肉はもちろん食べています!決して嫌いじゃありません。最近は、量より質です!

 ところで、アガリクスは、がんに効果はないみたいですよ。下手すれば発ガンを促進しかねないので、摂取には注意したほうがいいと思います

下記を参考に読んでください。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/qa/060213-1.html

ガンに克つために、いろいろ試みたいという気持ちはすっごくよくわかります。
でも、上記のようなこともあるので、まずは、日常の食生活で、無農薬だとか、減農薬だとか、添加物の少ない食品をとるとかに気をつけることをオススメします。

SUN×SUN 昌子 * 乳がん雑考 * 14:45 * comments(29) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

こんにちは。
私の為にお時間さいて頂きありがとうございます。

最近体調が悪く、直ぐに返信出来ずすみません。

食事に関しては、本当に悩むところです。色々な本を読んでみても書いてあることがバラバラなのでどれを試したらいいのかと…
自分の命がかかっているのでなんでも試してみたいのですが。

アガリクスの厚生労働省のホームページ拝見しました。こういうの情報が錯綜していて参っちゃいます。

運動療法も乳がんには効果があるときき、毎日運動していましたが無理し過ぎたのか体調を崩してしまいしばらくお休みしました。
自分の体と相談しながらじゃないと、免疫が下がってるときはダメですね。ダウンしちゃいました。

せっかくアドバイスして頂いたので、参考にさせて頂きます。ありがとうございます!
Comment by リエコ @ 2013/04/30 10:01 AM
リエコさん、こんばんは。
すっかりお返事が遅くなり申し訳ありません。
その後の体調はいかがですか?
ちょっと心配しています。

食事についは、こう言ってはなんですが「がんに効く」「がんが治る」食材はないように思います。
そういったものがあったら爆発的なヒット商品になるはずです。広告・宣伝で謳われているものは、偏った根拠に基づいて掲載しているものもあるので気を付けてください。

また、運動もそうですが、なんでも「しすぎ」はよくないですよ。過ぎたるは及ばざるがごとし!です。
でも、疲れたりしんどいなと感じた時は、無理せず体を休めるようにしてくださいね。
抗がん剤中は確実に免疫力が低下しています。
今は、抗がん剤で体を痛めつけられているときなので、無理な運動はさらに体を痛めつけることになります。
体調を悪くすると人よりも重くなる可能性がありますから、そこは注意しましょうね。

運動などで、体力をつけるのは、抗がん剤が終了したあとでもいいと思いますよ。
むしろ治療が終わってからのほうが食生活や体力づくりが大切になっていくと思います。

絶対乳がんに負けない!とはやる気持ちもわかりますが、私の希望としては、リエコさんが少し心穏やかに毎日過ごせるようになるとといいなと思っています。
また、何かありましたら遠慮なくコメントください。
Comment by 昌子 @ 2013/05/15 10:11 PM
明日、治療方針が確定します。
トリネガに怯えて、おかしくなりそうになってました。
とっても、とっても前向きになれました。
一年前何でもなかったマンモグラフィで、今年はしこりが2.5
たぶんトリネガだと…
でも、なんか怯えなくても大丈夫だなって。
いいブログに出会えました。
ありがとうございます(*^^*)
Comment by ようこ @ 2013/06/30 8:08 PM
ようこさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ようこさんが、私のブログで前向きになってくだったこと、とーーーっても嬉しいです!
私の経験を書いてきた甲斐があります!

とはいえ、不安なこともあると思いますが、乳がんと向き合いつつ、ようこさんらしい攻略法を私の経験にプラスしていってくださいね。
そして、ようこさんもトリネガをきっと克服してくれる!と私は信じてます! (でも、頑張りすぎは禁物です)
私でお役に立てることがありましたら、いつでも相談してください。
Comment by 昌子 @ 2013/07/01 9:45 PM
初めまして。
こちらのページで勉強させて頂きつつ元気をもらっています^-^

私の母親(60歳)が今年5月に乳癌を自覚しトリプルネガティブの診断で現在、抗癌剤治療(CEF3回目)を受けている最中です。当初しこりの大きさは2.5僂任靴燭、CEFの2回目が終わり1.9僂箸覆辰討い襪茲Δ任后

私自身は現在妊娠中で今は臨月。来月には母にとって初孫が産まれる予定です。
若い方に多いと見られるトリネガも母にできるなんて…こんなタイミングで…と気持ちが沈んでいました。私も母もトリネガの詳しい知識を知らないまま今の治療に専念していたので、私だけ最近になりインターネット等でトリネガのマイナスの情報だけ頭に入ってきてしまう状態で不安でした。

CEF終了後に10月手術の予定ですが、今のところの検査ではリンパ節転移等は見当たらないということでした。こちらのブログを拝見して、今この抗癌剤治療がとても大切なのだということを再確認しました!当初は、術前か術後どちらの抗癌剤で行うか悩んでいました。結果、術前にして今はこれで良かったのだと考えることにします!吐き気や味覚障害等の副作用で日々に悩まされてはいますが…なんとか乗り切ってもらえるよう私も支えたいと思っています!

分類としては2期の前半のステージのようだと医者から言われていました。その後しこりが1.9cmになり、このまま抗癌剤を続け更に癌が小さくなり、転移も結果無かったとなると良いのですが…。

お腹の子にも心配かけてしまうようでなるべく気にしないようにと思いつつもやはり実母のことを考えると不安になってしまいます。けれど、こんな時だからこの赤ちゃんは無事に産まれて、手術を控える母にも元気を与えてくれるはずだと信じています。
私は里帰り出産を決め、母や周りの家族の人たちと一緒に乗り越えようと頑張っています!^−^

昌子さんを始め、こちらにコメントをしている沢山の方々のパワーをもらいました。
長文、失礼致しました。
Comment by 桜 @ 2013/08/23 4:56 PM
桜さん、こんにちは。
励みになるコメントありがとうございます。

桜さんのお母様、今、抗がん剤中で一番大変なときですね。
ステージからすると私と同じか、私よりもやや手前くらいのようですので、今、しっかり治療をして乗り越えれば、完治できると思います。お母様にもなんとか乗り越えてほしいです!
でも、やはり抗がん剤の副作用は、人によって苦しいこともあるので、あまりにもつらそうなときには、お医者様と相談して、副作用が和らぐお薬なども考えていただいたほうがいいかもしれませんね。

近くで見守っている桜さんもつらいことと思いますが、今は桜さんが元気な赤ちゃんを産むことが、お母様の元気につながることは間違いないと思いますよ!
初孫誕生が、お母様のつらさを和らげ、生命の誕生がお母様にも勇気を与えてくれるとも思います。
元気になって初孫と遊びたい!ってお母様も思ってくれるんじゃないかな?

お母様は絶対乗り越えてくれるはずですから、桜さんも今は赤ちゃんをしかっり産むことを一番に考えるのがいいと思います。
初出産、桜さんも頑張って!
Comment by 昌子 @ 2013/08/29 10:41 PM
昌子さん、ご無沙汰してます。
本日、最後の抗がん剤が終了しましまた!
長いようで早かったような…副作用も色々ありましたが、とりあえず第一段階クリアです。
次は手術 ですが、初めはしこりも小さいし抗がん剤を始めてほとんどしこりがわからないまでになったので温存手術の方向でしたが、先日遺伝子カウンセリングを受けてきまして色々と考えさせられ…術方式も全摘の方がいいんじゃないかなぁと。

全摘→再建にしようかな!と決めようとしてるのですが私のかかりつけの病院では再建手術はやっていなく、しかも私北海道なんですが北海道でもやっている病院はほとんど無いようで再建すろとしたら都内になるようです。

そこで、昌子さんは再建手術の手術件数が多かったり腕がいいと評判の病院はご存知ないかと思いまして。

自分でもネットで調べてはいるんですが、なかなか難しくアドバイス頂けると嬉しいです。

手術は10月の中旬から下旬を予定してます。
Comment by リエコ @ 2013/09/24 11:43 PM
リエコさん、こんにちは。
ご連絡が遅くなり申し訳ありません。
再建について評判のいいお医者様はしっていますが、少し調べてまたご連絡しますね!

昌子
Comment by 昌子 @ 2013/09/30 6:22 PM
リエコさん、こんにちは。
抗がん剤終了、お疲れさまでした!
副作用も大変だったことと思いますし、辛いこともあったこの半年間、よくの乗り越えましたね。
抗がん剤が終わっても、体は以前よりもだいぶ弱っているので、すぐに無理な運動などはしないほうがいいですよ。
徐々に徐々に元に戻していく感じて軽い運動から始めるといいですね。

ところで、全摘して再建を選択するのですね。
勇気がいる決断だったことと思いますが、これからの不安や将来的な美容から考えて最近はあえて全摘を選ばれる方も増えているようですね。

今年の7月から、シリコンバックによる再建の保険が通り、再建手術も受けやすくなったと聞きました。
(それだけ増えてきたということでしょうね)
北海道で再建手術はやっていないのは困りますね。
再建手術についてよくお前を聞くのは、

医療法人社団ブレストサージャリークリニックの
http://www.iwahira.net/
岩平佳子先生

かな。
この先生は、私が聖路加で治療を受けていた頃から名前も聞いていましたし、私の主治医であった中村先生とも連携していました。
でも、私の認識だと(間違っていたらごめんなさい)、平岩先生は再建が専門ですので、治療も含めてトータルで考えるとすると、総合的に診て、再建もしてもらえるところが望ましいのではないかと考えます。

私の主治医だった中村清吾先生は、今は昭和大学病院のブレストセンター長をしています。
ちょうど中村先生は、遺伝性乳がんの研究については日本のトップで、「遺伝性乳がん・卵巣がんの基礎と臨床」という本も昨年出していますし、病院としても取り組まれています。

昭和大学病院でも、院内の形成外科との共同で、再建手術を行っているようですよ。
ただ、人工乳房による再建は、何回か形成外科を受診する必要がでてくるそうです。
さらに、再建の一般的な流れとして、
第一段階⇒組織拡張器挿入
第二段階⇒6か月―1年後に、人工乳房への入れ替え
第三段階⇒乳頭乳輪形成
という3つのステップを踏むことになるそうで、リエコさんは北海道にお住いのようですし、通院の負担ということがクリアできるかどうか・・・というところですが、都内で受けることが前提となると、どこでも似たような感じかもしれませんね。
いくつかの選択肢があるらしく、まずは一度セカンドオピニオンを受けた方がよいと思います。
他の病院はネットで調べることはできると思いますが、私が唯一おすすめできるとすると、私の主治医だった中村先生がいる昭和大学病院かな。中村先生が直接診てくださるかどうかはわかりませんが、きちんと対応はしていただけると思います。
参考までにホームページをお知らせしておきます。
病院→ http://showa-breast.com/

ざっと再建についてお知らせしましたが、また何かあればお知らせください。
Comment by 昌子 @ 2013/10/01 11:27 AM
情報ありがとうございます!!

昭和大学病院や岩平先生の名前は、乳がんの本に度々登場しますので存じ上げてました。

先日、看護師と手術について話す機会を設けてもらい色々聞いてみました。

北海道の大学病院系、北大や札医大では再建手術が可能らしいです。
その際には紹介していただけるらしいですが、同時再建にするか二期再建にするかによっても選ぶ病院もかわってきます。

二期再建だと今の病院で全摘したあとにどこかの病院で再建手術をする。

旅費の問題や保険適用かどうかなど手術の方法など、考えることが沢山でやはりお金も相当かかるのでどうしようかとなかなか決めかねています。

再建手術は一度手術して終わりというわけではなく、何度も通院しなくてはいけないのでそうなると金銭的にも大変ですし、小さい子どもがいるのでそれも心配です。

手術をするというのが迫ってきていて、怖さもましてきました。
とても、不安です。

Comment by リエコ @ 2013/10/06 3:31 PM
リエコさん、こんばんは。
そうですよね。
手術を控え、今後のこともまだ検討中となると不安ですよね。

もし、可能なら、遺伝性乳がんや再建手術ですぐれている病院で、セカンドオピニオンでお話を聞いてみてはどうでしょうか? 手術のこともそうですし、費用のことや、メリットとデメリットなど、全部相談してみるのがいいと思います。

私もなんとか相談にのってあげたいところですが、素人の話よりも、信頼できる医師にきちんとアドバイスをもらったほうがいいと思います。
リエコさんにとっては、人生のかかった大きな手術、後悔しないように、今できるだけのことをして、納得して手術に臨んでほしいと思います。

東京なので来れるかどうかはわかりませんが、昭和大学病院でもセカンドオピニオンはしています。
セカンドオピニオンなら直接、中村清吾先生に相談できると思いますし、的確なアドバイスもしてくれると思います。

東京に来るには時間と費用の問題もあると思いますで、難しければ、札幌などでセカンドオピニオンをしている病院を探してみて、そちらに行ってみるのもいいかもしれません。

いずれにしても、一人で悩まず、専門の先生のお話を、何回でも納得できるまで聞いてみるのがいいと思います。
Comment by 昌子 @ 2013/10/06 7:52 PM
今の段階でのセカンドオピニオンというのは、全く考えてなかったです。
セカンドオピニオンって、治療を開始する前だけにするものだと勝手に思ってました…

主治医こらの話で二期再建することになりました。
まずは、全摘して様子を見てから再建を。再建はいつでも出来るからということで。
確かに、2年以内の再発率が高いのでしばらくは経過をみてからの方がいいような気もしました。おっぱい作ったはいいけど、また切ることになってもねぇということらしいです。

私もそれには納得出来たので、二期再建にして再建手術する病院はゆっくり考えたいと思います。
同時再建だと病院探しからしなくちゃいけなくては、私にはもっと考える時間が必要だなと。

話を聞いてもらってありがとうございます!
来週には、手術の予定なので頑張ってきます!!
Comment by リエコ @ 2013/10/13 7:59 AM
リエコさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
手術、来週ですね。

同時再建にはいいことばかりではないということは私も聞いたことがあります。主治医の先生がおっしゃっていることは私ももっともだと思いますし、信頼できる先生だと思いますので、まずは手術をしっかりと頑張ってくださいね。
再建はあとから改めてゆっくり考えてもいいかもしれません。
それに、時間がたてば、また再建技術も上がっているかもしれませんものね!

気持ちが落ち着かないとは思いますが、乳がんを全部取り除いて、すっきりするんだ!っていうくらいの気持ちで、臨んでください。

リエコさんの手術が無事に済むことを、東京から祈っています!
Comment by 昌子 @ 2013/10/17 4:59 PM
明日、手術です!
いってきます!!

Comment by リエコ @ 2013/10/24 3:35 PM
リエコさん、明日の手術、しっかりと頑張ってきてください!
不安になったら、「私は絶対大丈夫!」って、自己暗示にかけるといいいですよ!
Comment by 昌子 @ 2013/10/24 3:57 PM
小堀さま、ご丁寧なお返事のメールをちょうだいしたハタダです。
優しく、心強いお言葉ありがとうございました。

総合病院の乳腺外科にてさまざまな検査をした結果【浸潤性左乳がん(4センチ超しこり)、腋下リンパ節転移】 病期沓瓠核グレード◆▲曠襯皀鶸脅性:高、HER2:低、Ki-67:高(50%)、ということでした。腋下リンパにはCT画像で確認できるだけで4箇所転移が見られました。
現在は一通りの検査を終え、来週11月6日から始まるFEC療法の抗がん剤投与に備えているところです。

告知されてしばらくは怖くて不安な日々でしたが、現在では抗がん剤副作用に立ち向かってやるぞ!という気合にみなぎっています(笑)。みなさん乗り越えてこられ、そしてゲンキになられてるんですもの。私にだってできる!と言い聞かせてます。
うまくは言えないですが、乳がんという病になり、(ネットや著書にて)たくさんの方の闘病記を拝読し、これまで知らなかった世界を知り、そして考え・・・また人としてひとつ成長できたような気もしています。ちょっとオーバーでしょうか・・・?
これからの長い闘いの間には後ろ向きになって腐ってしまう日もあると思います。そういうときはこちらでの小堀さんやみなさんのお言葉が力になることと思います。

まだまだ「乳がんビギナー」。完治を目指し、スタート地点に立ったばかりですが、今後ともよろしくお願いします。
Comment by ハタダ @ 2013/10/31 10:30 AM
ハタダさん、こんばんは!
コメント拝見いたしました。
来週から抗がん剤治療が開始されるとのことですので、治療方針は固まったのですね。

そうですよ〜。最近では乳がんも治る病気になっています。
方針が決まって、ハタダさんも前向きに治療に立ち向かおうとされているので、頼もしく思いますし、私も応援しています!

でも、やはり治療始まったころは慣れないこともあって、体力的なことや気持ちの不安なども感じるかもしれません。

でも、そんなときは、一人で悩まずに吐き出してくださいね。
私も抗がん剤半年、放射線3か月と治療をしましたが、長かったのか短かったのかわかりませんが、一つ一つの治療を焦らずクリアしていってほしいと思います。

また、何かありましたらコメントくださいね。
最初の抗がん剤の前日は、できるだけたっぷり寝て、こころ穏やかに臨んでください。
寒くなってきましたから、風邪などもひかないようにね!
Comment by 昌子 @ 2013/11/02 6:49 PM
はじめまして。
いろいろと乳がんのこと調べてるうちにこちらに、たどり着きました。
今週金曜に、全摘手術予定しています。
ステージ鵺aと言われています。腫瘍が2.2センチで温存予定でしたが、CTでほかの乳管に腫瘍が見つかり悪性でした。
トリネガではなく、ルミナールbかと思われますが、FISH検査をしていて数値によってはハーセプチンも、するかもしれません。
全摘の手術も、もちろん不安ですが、その後の抗がん剤や副作用が、心配です。
脱毛のときはウィッグとかどうされてましたか?おすすめのところとか、ありますか?
長々と、失礼しました。
昌子さんのブログを、読んでちょっと前向きにがんばれる気持ちも出てきました!
負けるわけにはいきません。まだ32です。子供います。
Comment by yukky @ 2013/12/22 12:33 AM
yukkyさん、こんにちは。
お返事が遅くなって申し訳ありません。
明日の手術間に合えばよいのですが・・・。

治療は未知の世界なので不安はたくさんあると思います。
抗がん剤の副作用は、きっとテレビなどでみたりしている印象が強いのではないかと思いますが、最近は、副作用を抑える薬もだいぶ良くなってきているので、私の場合は思ったほどではありませんでしたよ。
個人差はあるでしょうけれど、もし副作用がきついようだったら、遠慮なく看護師さんや主治医の先生に訴えてみてください! 絶対一人で苦しまないでね。

抗がん剤は、おそらく確実に禿るとは思いますが、こちらはまた改めてコメントしますね。
とりあえずは、明日の手術、しっかりと乗り越えてくださいね。私も、無事手術が済むことを祈っています!


Comment by 昌子 @ 2013/12/26 12:04 PM
お返事ありがとうございます!!
今拝見しました。
手術は無事に終わりました。
リンパ転移はなく、ギリギリ乳頭も残す形となりました。ただ、出血多く、血が中で固まってしまって腫れたので今朝ようやく圧迫が外されました。年内退院は難しいかなー。
これからの治療も前向きに頑張るしかないですね。
ありがとうございます!!
Comment by yukky @ 2013/12/29 5:06 PM
yukkyさん、無事手術が終わって良かったー。
リンパ節転移がなかったのは何よりです!
乳頭も残せたようですし、状況はかなりよさそうですね。
ひと安心しました。

yukkyさんは新年を病院で迎えたのかな?
嫌なものは昨年のうちに取ってしまったので、今年は、よくなることだけを目指して、良い一年にしていきましょう!
Comment by 昌子 @ 2014/01/03 2:45 PM
明けましておめでとうございます。
2日に退院しました。
残念ながら年越しは病院だったけど、昌子さんのおっしゃる通り、嫌なものは取り去ったので今年は良い年にしたいです。
退院してから人参ジュース作って飲んでます。あれ、結構人参消費しますよね?!それに量も、思ったより出来ないですね。。カスを、どうするか悩みますね。
Comment by yukky @ 2014/01/04 2:56 PM
yukkyさん、こんばんは!
コメントありがとうございます〜!

人参ジュース、いいですねー。
私の友人は、人参ジュースのカスを、人参ケーキにしたり、ハンバーグに練りこんだりして、無駄なく使っていましたよ。
何かに混ぜて使うのが一番いいようで、炊き込みご飯やチャーハンの人参替わりにカスを使ったり、思い切ってカレーに入れ込んでしまえば消費も早いようですよ。
いろいろyukkyさんもチャレンジしてみてください!
これはというのがあったらぜひ教えてくださいねー。

最近は、毎朝スムージー派も多いですよね。
野菜・果物は私も大好きです!
Comment by 昌子 @ 2014/01/08 9:36 PM
はじめまして
昨日 乳がん宣告されまして いろいろ検索かけてたら たどり着きました
まだお話を聞いていただけるのでしょうか?
誰かに言うのも 涙がでてしまい
まだ先に進めません

4年前に検診でひっかかり その時は水がたまっていました
今回も同じ症状だったので検診に行ったら 反対の胸に石灰化が見えるとのことで 触診 エコーをとり 細胞検査で宣告されました
しこりはなく まだ小さいものだそうですが しこりのない癌もあると サイトでみて また落ち込んでしまいます
来週 MR と骨の検査をして 決まります
どうにか前向きにと思うのですが 仕事をしても家事をしても 心ここにあらずです
まだ、はっきりした症状とかも聞いていないのに 書き込みしてすみません
Comment by asako @ 2014/04/09 6:01 PM
asakoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
asakoさんは、乳がん告知を受けたばかりなんですね。
ショックだったでしょう。
きっと、まだどうしたらいいのかわからない状態なのかな?

まずは、思いっきり泣いちゃいましょう!
いいんですよ、無理に涙をこらえなくても・・・。
このサイトには、asakoさんと同じように乳がんを告知されて、落ち込みながらも、その後、しっかりと乳がんと闘っている方がたくさんコメントをくださっています。
みなさん、悩みながら、迷いながらも、しっかりと前へ進んでいます。
asakoさんも、何か聞いてほしいことがあったら遠慮なく、またコメントくださいね。
一緒に、乳がんを克服していきましょうね。
Comment by 昌子 @ 2014/04/10 11:39 PM
早速のお返事ありがとうございました
まだ主人にしか 話しておらず
苦しい胸の内を聞いてもらえ 温かい励まし 本当にありがとうございます
24日には 最終的な結果 診療方法が、わかると思います
ただ悪いところを切り取ってしまえば終わりかと思っていたので 抗がん剤とか放射線治療がついてくることは かなり無知だったなと...

質問ですが あとあと 今 みてもらっている病院で治療することになっても 違う病院でセカンドオピニオン受けたいと申し出てもいいのでしょうか?かなり田舎なので できれば 近辺の病院に行きたいのもあるのですが

変な質問ですみません
これからもいろいろ勉強させてください
Comment by asako @ 2014/04/12 5:36 AM
asakoさん、コンメントありがとうございます。
セカンドオピニオンについて、長くなりそうでしたので、記事にアップさせていただきましたので、参考にしてくださいね。
Comment by 昌子 @ 2014/04/13 12:43 PM
昨日 昌子さんの本が届きました読みはじめて 3分1くらいのとこです
まだ一気に読む勇気がなくて…

でも力ももらってます!

素晴らしい方たちのサポートがあり ちょっと羨ましい気持ちもあります
一番いい病院に!と言うお友達の言葉
最高のお医者さまに出会えて
昌子さんの前向きな姿勢が いまのいい結果を生んでいるのでしょうね
来週 今の病院からの紹介状を持って 新たに診察を受けます
「治る率の高いほうで 再発の可能性が低いほうで」
ほんとですよね
素直な気持ちだと思います

今日 Rlの検査を受け あとは診断と治療です
小さい割には 早いかもと言う 言葉が心に刺さっているので 早く治療してほしいと思ってます
まだまだ 揺らぐ気持ちが強く 涙が出そうになって 胸が痛む毎日ですが これからに奮い起つ 気持ちも 不思議と出てきました!

また少しずつ読み進めさせてもらいます!
ありがとうございます
Comment by asako @ 2014/04/17 6:22 PM
asakoさん、こんにちは。
私の本を読んでいただいているのですね。ありがとうざいます。
少しでもasakoさんの参考になるようであれば嬉しいです。

今週、別の病院で診ていただくことにしたのですね。今は、自分の乳がんを治すことを優先に考えて、後悔しないために、最善を尽くしてください!
asakoさんも、ご自身にとって、一番いい!と思う病院と医師の元で治療を受けられることを祈っています。
私も応援しています!

また、なにか不安なことなどあったら、コメントください。一緒に考えていきましょう!
Comment by 昌子 @ 2014/04/23 10:39 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ