<< asakoさんへ 〜ルミナールA乳がんへの抗がん剤の必要性について〜 | main | 9年目検診も無事クリアしました! >>

2015年 たくましく優しい羊を目指していきます!

あけましておめでとうございます。
2015年の今年は、私にとって感慨深いものがあります。
10年前の2月、胸にしこりを発見し、病院や検査に右往左往していました。
そして、3月に乳がんと診断され、それから1年の闘病生活に入りました。
完全に治療を終えてから9年目になりますが、この10年はあっという間でした。
何よりも嬉しいのは、再発もなく普通に生活ができていることと、乳がんだから知り合えた素敵な人との出会いもあり、また本の出版という貴重な経験もさせていただきました。
乳がんだからといって夢や希望、楽しみや幸せが全部なくなるわけではありません。
最近では、トリプルネガティブの私が、治療を終えてこの9年、再発なく生きているという事実だけで、皆さんの希望の光になれているのだと知りました。
今年もその記録を更新して、たくましく優しい羊を目指していこうと思います。
 
トリプルネガティブでも、最近では検査によってさらにタイプが分けられ、ターゲット治療が可能となってきているようです。
少しずつ医療は進歩してきています。
乳がんになっても夢や希望を失なうことなく、一つ一つ治療を乗り越えて、乳がん患者の皆さんが完治されることを願っております。
 
このSUN×SUNのブログをご覧いただいている方の中には、まさしく闘病中の方もいらっしゃるかとは思いますが、今年が穏やかで、闘病の中でも希望と幸せに包まれた一年となりますことを祈念しております。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
SUN×SUN 昌子 * - * 14:36 * comments(6) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

はじめまして。
ブログを拝見させて頂きました。
突然で申し訳ないのですが、
母(51)がトリプルネガティブ乳がんで抗がん治療中です。一昨日、3回目の抗がん剤をうってきたのですが、初のエコー検査もしました。
ですが、腫瘍の大きさに殆ど変化がありませんでした。母も私もかなり落ち込んでしまいました。
まだあと、5回残ってますが、2回うったのに大きさが変わらないともなると、やはり不安になります。
検査で、抗がん剤が効くタイプ、効かないタイプがわかるとのことですが、まだそのような検査を行える病院は少ないのでしょうか。

こんな質問をしてしまい、すみません。
もし、わからなければスルーして頂いて構いません。
完治に向けてなんとか母を応援したいのですが、何せ無知でして、手探りの日々です。
Comment by くるみ @ 2015/02/05 9:54 PM
くるみさん、こんにちは。
コメント拝見しました。
お母様の腫瘍が、抗がん剤治療をしたにもかかわらず効果が認められないとのこと。心配ですね。
主治医は、それについて何かコメントされてましたか?

まず一つやってみたほうがいいと思うことは、主治医にこの3回の抗がん剤の効果が認められないことから、あと5回残っている抗がん剤を別のものに変更することができないか、相談してみてはいかがでしょうか?

また、抗がん剤が効くタイプかどうか、その検査が治療の現場にどれくらい浸透しているのかわかりませんが、主治医に聞いてもいいと思います。
場合によっては最寄りのセカンドオピニオン外来に行って、相談してみるのもいいかもしれません。
ただ、セカンドオピニオンには費用がかかりますし、検査の結果が出るのも少し時間がかかるかと思います。
いろいろなことを並行して行っていくのがよいかとも思います。

なお、検査を実施している病院については具体的にはわかりませんが、もしかしたら東京の昭和大学病院ではやってもらえるかもしれません。正確にはわかりませんので、詳細は問い合わせしてみてください。(地域の乳がん治療に実績のある大きな病院であればやっているかもしれません)

参考までにですが、トリプルネガティブ乳がんの治療について、記載されている記事をご紹介します。
比較的わかりやすいものをと思いましたが、専門用語など難しいところもありますが、あくまでも参考までにどうぞ。
http://gansupport.jp/articles/breast03
http://bcnetwork.org/pg315.html
http://www.eisai.jp/medical/clinician/vol61/no632/pdf/sp08_632.pdf
下記の慈恵医大では、Triple negative乳癌に対する治療ターゲットとなる因子の解明研究をされているそうです。
http://www.jikei.ac.jp/academic/course/53_nyusen.html
Comment by 昌子 @ 2015/02/08 2:11 PM
ご丁寧にありがとうございます。
主治医は、腫瘍が変わらないから、効いていないとは断言できないと言っていました。3回目の投与をするか非か迷ったらしいですが、続けましょうということでした。
このまま大きくなるなら手術とも言っていました。薬剤を早くに変えるとは言っておりませんでしたが、また次回fecをうつのは、あまり納得出来ないので、相談してみようと思います。

静岡県の浜松医大にかかっていますが、もし細かな検査などやってもらえるようならお願いしてみようと思います。
ありがとうございました!
Comment by くるみ @ 2015/02/08 11:15 PM
くるみさん、こんばんは。
なるほど。大きくならなければ効いているかもしれないのですね。でも小さくならないのは不安ですね。
くるみさんやお母様が、主治医の先生とよいコミュニケーションがとれているのであればいろいろ詳しく主治医の先生と相談していくのがよいと思います。

現在の浜松医大もよい病院だと思いますし、大きくなるようなら切ってしまうというのも手かもしれません。
もし、主治医の先生のお話も聞きつつ、いろいろな先生のお話を聞かれたいと思うようでしたら、浜松には、乳がん治療で屈指に入る有名な渡辺亨先生がいらっしゃいます。ご本人のセカンドオピニオンが受けられるかどうかはわかりませんが、渡辺先生の病院で参考程度にでも見解をお聞きになってもいいかもしれないですね。
参考までにホームページをお知らせしておきます。

http://www.oncoloplan.com/medical03.html

(ちなみに、渡辺先生は、腫瘍内科医なので、手術はされなかったと思いますが、抗がん剤など薬剤の治療には最新の見識を持っておられると思います)
Comment by 昌子 @ 2015/02/09 9:14 PM
はじめまして。主人の仕事でタイ在住中の先月初旬、乳がんだと分かりました。上の子3歳、下の子1歳になったばかりの授乳中のことでした。日本よりもこちらの方が対応が早いからと言う主人の薦めで、3週間半前に手術をしてステージ3a、T1N2M0のトリプルネガティブだと分かりました。10日程前にTACという抗ガン治療を開始。(点滴後、3日位悪阻より軽い吐き気と味覚異常がありましたが、その後は殆ど副作用がなく、脇のリンパ液が未だ溜まるので3日毎位の200ml位抜いてますが抗ガン剤が一緒に流れ出てないか不安です。)
手術後、両親、義両親に代わり番こで手伝いに来てもらっていますが、下の子を抱っこも出来ないし、こちらでの闘病生活に限界を感じ、2回目の抗ガン剤を受けてから子供達連れて今月末日本に帰ることにしました。受け入れてくれる病院も中々見つからず、やっと見つかったのは最近ニュースでお馴染みの女子医大のみです。
早く何とかしたくて、言われるがままに、手術や治療を開始してしまった自分に後悔もしています。抗ガン剤を使っても、対象がなければ効いているのかもわからず不安です。日本ではTACは主流じゃないみたいですし、同じ薬で継続できるのかどうかも不安材料です。不安だらけで毎日メソメソですが、子供達の為にも、私は生きなければなりません。ずっと成長を見守りたいのです。困った時、支えてあげられる母でありたいのです。
トリプルネガティブの種類に関してですが、こちらの先生がEGFRとCK5/6が陽性かどうかの検査を追加オーダー出来ると言っていました。必要なら受けようかと思いますが、この結果によって治療が変わってくることがあるんでしょうか?また、トリプルネガティブにこれとは別に、他の種類があるとしたら、見極める因子の検査などどのようなものがあるのかご存知だったら教えていただけると嬉しいです。
長々とすみません。ずっと悲観的でしたが、やっとここ2日位、気持ちが治まってきました。昌子さんの存在が救いになりました。ありがとうございます。
Comment by キリンとパンダ @ 2015/03/14 11:48 AM
キリンとパンダさん、こんにちは!
海外で病気になるほど不安なものはないですよね。
今は日本に戻って治療をされているようですので、率直にお話しますね。
キリンとパンダさんのご質問には、残念ながら私には難しく答えて差し上げられません。

これからお子様達のためにもなんとしてでも生き伸びなくてはなりませんね!
少しお金はかかってしまいますが、私のような素人ではなく、きちんとした専門医のセカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。

私の主治医だった中村先生のいる昭和大学病院でもセカンドオピニオンは受けられます。
有名な先生だとセカンドオピニオンを受けるまでに時間がかかるかもしれないですが、他の病院でもセカンドオピニオンをしているところを探して、今のうちにしっかりとできることをしておくことが一番だと思います。

こんなお返事しかできませんが、勇気を持って最善の治療を探してください!
Comment by 昌子 @ 2015/03/14 12:52 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ