<< るるさんへ 〜トリプルネガティブ?期の治療の考え方〜 | main | 彩り豊かな人生! 小林麻央ちゃんに思う。 >>

11年目検診も合格でした! 〜がんと仕事〜

仕事にかまけている間に、5月になってしまいましたが、

3月に11年目の検診があり、今年も無事合格しました!

今では、乳がんにかかわらず、がんは「死んじゃう」病気ではなくなってきています。

 

最近、とくに「がんと仕事」というキーワードが目につくようになりました。

「がん」と診断されても、早まって会社を退職したりしないように!とのこと。

 

たしかに、治療には病院へ行く時間も必要ですし、抗がん剤となれば、副作用などでこれまでどおり働けないこともあると思います。

会社や同僚の助けが必要なことも多々出てくると思いますので、上司などとよく相談して、働き方などに融通をつけてもらえるといいと思います。

それによってお給料が減ったりすることもあるかもしれないですが、がんになってもそれからの人生のほうが長いと思うので、若くて働ける状況の方は、仕事は続けていくのが望ましいと思います。

仕事をしていれば、社会との接点もありますし、がんのことを忘れて過ごせる時間もできて、余計なネガティブなことを考えずに済むこともありますしね。

 

という私も、「乳がん」になってからもずっと仕事をしています。

治療中は、病院優先にしてくれ、体調が悪いときなども融通を聞かせてくれた会社には本当に感謝しています。

私の周りには「乳がん」と堂々?と言える環境があったのは、なによりもストレスがなくてよかったと思っています。

でも、仕事先の人には「乳がん」治療中であることを言わず、何度が打ち合わせに行ったことがありますが、当時誰も気づいていなかったようで、あれだけ安物のカツラ(笑)をかぶって不自然だったはずなのに、案外周りの人、とくに男性は気にしていないみたいです!

 

自分が思うほど、周りはそれほど気にしていないってことかもしれないですが、職場によっては、「がん」と伝えたことによって辞めさせられたり、周りの人がよそよそしくなったりすることもあるらしいですが、これから「がん」の人も介護や育児の方と同じように、時短勤務など普通に仕事ができる世の中になっていくといいなと思う今日この頃です。

 

JUGEMテーマ:健康

SUN×SUN 昌子 * 乳がん雑考 * 18:19 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ